連合環境Information

連合・日本経団連が共同で緊急提言! 夏の電力需給対策

2011年4月27日

連合と日本経団連は、2011年4月27日(水)に「今夏の電力需給対策に関する労使の取り組みおよび政府への緊急提言」を共同して取りまと め、同日、蓮舫大臣および、資源エネルギー庁の横尾英博電力・ガス事業部長(海江田経済産業大臣の代理)に対し提出し、政府が取りまとめている「夏期の電 力需給対策」への反映を要請しました。

蓮舫大臣への要請は大臣執務室において16時45分から行われ、蓮舫大臣からは、「電力予報や広報活動など、節電になる取り組みは今後も実施していく。事務局体制を強化したので、個別でも要望を出していただきたい」とのコメントがありました。

 

今夏の電力需給対策に関する労使の取り組みおよび政府への緊急提言(PDF)

 

写真左より:蓮舫大臣、逢見連合副事務局長、岩間経団連環境本部長、小島連合総合政策局長、杉山連合社会政策局長

 

 

 

 

 

続いて17時30分より、資源エネルギー庁の節電に関する担当部局である電力・ガス事業部の横尾部長に対し同様の要請を行いました。横尾部長から は、「労使での提言は大変有意義で、いただいた提言を今後の施策に反映していきたい。また、節電を阻害する規制の見直しについても現在検討を進めている」 とのコメントがありました。

 

写真左より: 横尾資源エネルギー庁電力・ガス事業部長、逢見連合副事務局長、 岩間経団連環境本部長