連合環境Information

「連合エコ大賞2013」受賞者決定!

2014年4月21日

連合は、組合事務所や職場、組合員およびその家庭、さらには国民一人ひとりの「ライフスタイルの見直し」の啓発を目的とするエコライフ21を、1998年より継続して取り組んできました。

また、ライフスタイルを見直す環境会議と共催で、2012年度に「連合エコ大賞」を新設し、展開しています。

昨年募集した「連合エコ大賞2013」について、以下のとおり選考を行いました。

 

【大賞】(表彰状・副賞5万円相当)

ヤマハ労働組合

「2013年度ヤマハグループ環境貢献活動」

 

【部門最優秀賞/組織の部】(表彰盾・副賞3万円相当)

ケイミュー労働組合

「全国一斉ボランティア」

 

【部門最優秀賞/個人の部】(表彰盾・副賞3万円相当)

アンデン労働組合 鈴木孝博

「楽しみながらエコ!(ゴミ減量編)(水資源編)」

 

【優秀賞/個人の部】(表彰盾・副賞1万円相当)

全コマツ労働組合 戸田哲夫

「エコライフ活動報告」

 

【優秀賞/組織の部】(表彰盾・副賞1万円相当)

パナソニックエコシステムズ労働組合

「社内の空き地を利用したさつま芋栽培」


連合東京西北ブロック地協豊島地区協議会

「ガムはがし実演でまちのポイ捨て防止をPR」


情報労連

「プルタブ回収運動(リサイクル)」

 

カネボウ労働組合化粧品本部支部

「"自分を見直す"がECOにつながる」

 

※取り組み内容の詳細は、当サイト上で後日公開いたします。

以 上