具体的な取り組み内容 2020年度の取り組み

2016年11月の国連気候変動枠組条約の締約国による「パリ協定」の発効以降、日本においても「2030年度に2013年度比26%削減」という温室効果ガス排出削減目標の達成に向けて、家庭・業務部門においても4割もの削減が求められています。

「連合エコライフ21」は、みなさんの意識の高まりとともに、すでに取り組んでいる方が増えている一方、「ウィズ・アフターコロナ」に合わせ、これまでの取り組みを一部見直し、改めてみなさんに呼びかけます。